人の負の感情を…

太陽の黙示録14

舷一郎は、人の正の部分を信じます。
それは、負の部分の感情を甘く見ているということではないかと思ったりもする。

いつか、二択を迫られたとき、彼は選べるのだろうか?