おいてけぼり

仮面ライダーSPIRITS12

物語は、どんどん過酷に、そして、複雑に。
ライダーたちは、ボロボロに。

そして、多分、読者は、けっこうおいてけぼりに……。

「仮面ライダー」としての爽快さをだそうとしたら、短い話が連続している方がきもちいいと思うのですが、今回は、ずっと戦い続けているので(しかも、絶望的な状況)辛そうだ。
たくさんの登場人物が、世界中色々なところで、関連のある事件を追っているという状況も、複雑さに拍車をかけています。

それでも、

「仮面ラ~~イダ-V3」

というドクトルGのセリフを読めば、それだけで喜んでしまう、わたしは、ライダー世代(笑)