パティクローバー 後編 きっかけのお店

さて、店内です。

奥から店長さんが出てくるのは、ちょっと、町の駄菓子屋さんなんかを彷彿させます。でも、これも、アットホームな感じでよいと思います。

店内は、スペース的には、かなり狭いです。
でも、レイアウトはかなり考えられていて、無理していろんなものをつめこんであるという感じではありません。
それどころか、なんと、カルカソンヌや、ガイスターなんかは、実際に箱から出して、コマやタイルがレイアウトされていています。

よくぞ、ここまで!!

こういうレイアウトは、いいなぁとは思いますが、商品を1つ潰してしなければならないので、かなり大変そうです。
ぱふなど、木のおもちゃ屋さんでは、遊べる見本をだしているところもありますが、ボードゲーム専門店でコレをしているのは、「メビウス ゲームス」と「すごろく屋」しか知りません。

ねぇさんが、店長さんに聞くと、

「いえ、出来るだけ自分のもともと持っているものを使ってやっているんです」

とのこと。
なかなか大変そうです。

ゲームも、独自に紹介をつけられていて、はじめてボードゲームにふれる地域の方への配慮も、かなりしっかりしている様子です。

唯一残念だったのが、実際にボードゲームを広げてみて、説明できる場所がなさそうなところです。それは、スペース的なことからもしかたないですねぇ。
まあ、ボードゲームを広げてしまうと、また、売り物にならないものが増えてしまいますし。
これは、店長さんのボードゲームに対する熱い語りでルールを説明してクリアしていってもらわないと。

さて、気になる品揃えですが、メビウス訳のゲームが中心です。あと、メビウスでは扱っていないホビージャパンのゲームなども、チラホラありました。

「カルカソンヌ」や、「ゴキブリポーカー」、「ニムト」、「ブラフ」などなどの定番から、「大聖堂」、「手荷物検査」などの最新作まで、店長のオススメのゲームが、セレクトされて置いてありました。

来店記念に、なにか買おう!

「『大聖堂』は、買わないの?」

「いや、長いらしいで。2、3時間ぐらいとか。やる機会があるかなぁ」

「うーん、じゃあ、1回遊んでから考える…」

「『手荷物検査』は、おもしろかったんちゃうの?」

「あれはね、缶の箱がいいのよ。でも、あの缶の箱だけで、6000円はねぇ……」

「カードゲームですからねぇ」

と、最後のセリフは店長さん。
いいのか?そこは、缶の箱のすばらしさを力説して、購入させるべきところ。しかも、ねぇさんは、アイテムに弱いというのに(笑)

で、結局、選んだ1つは、2人とも遊んだことがない「王への請願」と……。

「あっ、これは!」

とねぇさんが、妙に和のテイストの入ったゲームを発見。
なんか、イレギュラーな大きさの箱に、戦国武将のような絵がかいてあります。日本のゲームです。

「『二四棋』?」

どうやら、ボードがけっこう大きいみたいです。そのボードが、いい材質のものではないかと惹かれている様子。

「おもしろいの?」

「なんか、どこかで聞いたことない?」

聞いたことあるような気も微妙に。メビウスママさんか、メビウスおやじさんのブログかな?1
おもしろいのか?持ってるだけで、笑える?(笑)

「こっちは、2人用の『二四棋』です」

同じ棚には、カードゲームサイズのというか、カードだけが入っている廉価版の「二四棋 小伝」というゲームがありました。
箱には、テプラで、手作りの値札とゲームの情報が。

「2人用 中級カードゲーム」

「これにしよう!」

「ええっ!」

今、どういう思考回路の流れで、このゲームが選ばれたのだ?

ということで、2つのゲームをゲットして、パティクローバーを後にしました。

少しずつ、ボードゲームのお店が増えるのは、ボードゲームファンとして、とっても嬉しいです。
特に、地元の滋賀ということで、これからも、末永くおつきあいしていきたいと思っています。

人と人の出会いや、結びつきをつくる「きっかけ」のお店であって欲しいですね。

がんばれ!パティクローバー!!

  1. メビウスおやじさんのブログでした。 []