まだ、物語が始まってもいない

ディエンビエンフー

わたしが真面目に読んだ2冊目の西島 大介です。
1冊目は、「凹村戦争」。

どこかで、この物語は、「ファイブスター物語」の様な壮大なストーリーなのだと読んだ気がします。
でも、物語がここで終わってもいっこうにこまらない。まだ、物語が始まってもいないような感じです。

ここで、「良い」にしろ「悪い」にしろ、評価しちゃいけない気がします。
でも、これで終わりという気もする。
そして、それこそ、作者の思うつぼという気も。

作者の本気度が読めない気がするのは、絵柄にごまかされているからか?