2006年11月一覧

傀儡師と人形師

傀儡3

傀儡と人形、傀儡師と人形師が、同じものを指しているのかどうかということがわかっていないわたしは、もしかして、このお話が全然わかっていないのかも。

うーむ。
これで、新章に続くわけでしょうか。いや、「傀儡 KUGUTSU 4」へ続くと書いてあるなぁ。


サムライ

隠の王5

サムライ雷鳴は、もっと単純なギャクのキャラかと思っていたので、今回のこの展開にビックリしました。

でも、主人公が、どうしても自分を消してしまいたいという思いがあるだけに、雷鳴のまっすぐさは救いだなぁと思います。

時に、追いつめたりもするのだけれど。


格差社会のはじまり

新・ゴーマニズム宣言15 中流絶滅

気がついたときには、もう是正できないぐらいの格差がついていて、すべて「自己責任」といわれてしまう。
今、この国がそういう世界になりつつあることを「自由化」を推し進めている人はかわっていてしているのだろうか。

機会の平等すらなくなりつつある。
見せかけのチャンスがあるだけ。

それは、教育の世界でも、進行しつつあるような気がする。


人生との蜜月旅行

午前の光3 パーム29

最後の探偵編。
これから、4年後に物語は終わる。それは、多分、決定されたこと。

ジェームズは、4年後の終わりを見据えて物事を動かしているところがある気がします。だから、「ジェームズ・ブライアンの真実」は、彼が生きている間に処理をしなければならなかった。

でも、そう考えると、彼がジョイを受け入れる気になったことの理由は、わたしには見えないのですが。「終わり」よりも先が、彼には見えているのかもしれません。

いつ終わっても、老いても若くても、それは蜜月旅行のうちに終わってしまうということなのでしょうか。

「蜘蛛の文様」は、過去編になるそうです。そうすると、「TASK」で4年の時間が過ぎるか?
なんとなく、何年かすぎた後の舞台が「TASK」という気もします。

はやく続きが読みたいな様な、終わって欲しくないような。
そんな物語です。


本棚公開!

サイドバーに、「Gamehouse Bookshelf」へのリンクを追加しました。

これは、自分の本棚をWeb上で公開できるという楽しいサービス「ブクログ -WEB本棚サービス-」を利用させていただいています。
今は、わたしが最近読んだ本、「あ・そ・ぼ」で、感想を書いた本を中心に公開しています。

わたしは、けっこうこうやって自分の読んだ本をながめるだけでも楽しいです。こういうならべ方は、けっこうリアルな世界ではできませんからねぇ。

アマゾンの画像を貼り始めたときから計画していた「本棚計画」がこれでした。

まあ、最近じゃなく読んだ本とか、これから読もうと思って買いだめしてある本とかを公開する「Gamehouse Archives」なんてのも、そのうち作りたいなぁと思っています。
まあ、これは、メチャクチャ重たい、見にくいページになりそうなんですけどねぇ。

本の感想などは、「あ・そ・ぼ」と一緒なのですが、よろしかったら、見てやって下さい。