ベルニーニ・ミステリー

天使と悪魔 中

ダン・ブラウン,Dan Brown,
越前 敏弥
角川書店
発売日:2006-06-08
 

ちょっと残念というか、意外だったのが、ハサシンがどうやら知らない人だったみたいなことです。
これが、ラングトンの知っている人ではないかと、けっこう期待して読んでいたので。
だだの実行犯のようです。

で、影で操っている人の方なのですが。 

うーん、あやしい人はいろいろいるんですけどねぇ。

セルンの偉いさんは、あきらかにあやしい。
なんか、科学技術の中心というのも、いかにもイルミナティらしいじゃないですか。
でも、これが犯人なら、当たり前すぎですねぇ。

で、今わたしが考えているのが、真犯人カメルンゴ説です。
この推理を先にこの本を読んでいるねぇさんにしゃべったら、

「わたしと同じ程度には考えているんだねぇ」

と言っていました。
ねぇさんでも、これぐらいの推理は、してたんだ。
じゃあ違ってる?(笑)

カメルンゴが犯人で、動機は、実は、イルミナティをおとしめて、宗教的なものにみんなを目覚めさせることにあった。

自分が宗教に目覚めたのも、テロと関わりがあるようなので、そんな感じでないかと思うのですが、どうでしょう?