2006年08月一覧

好きなものをかいて、しかも売れる

新吼えろペン5

売れるものか?好きなものか?

でも、結局、自分では選べなくて、どっちかしか出来ないということでは……。
こわい話だ。


忘れていた…

デルトラ・クエスト6 魔物の洞窟

えーと、少し前に読み終わったにもかかわらず、この本、忘れてほったらかしになっていました。

「で、『デクトラ・クエスト』は、おもしろいの?」

と、同僚に聞かれました。

「まあ、ストーリーが次から次へところがっていくから、おもしろいといえばおもしろいよ。
でも、あとにはなんにも残らないけどねぇ」

と答えていました。

ということで、読んだ直後でないので、なんにもなこっていません……。


たとえ、英雄と呼ばれなくても……

ドラゴンランス セカンドジェネレーション 上

「ドラゴンランス」の子どもたちの物語です。

むかしは、こういう続編って、

「やっぱり、前作にくらべると……」

という感想をもちがちでした。
でも、最近は、

「そういう続編も悪くないなぁ」

と思っています。

源氏物語も、源氏が死んでからは面白くないとか思っていましたが、最近は、薫とか匂宮の話も好きなのです。
これは、年のせいかもしれません。

ということで、「ドラゴンランス セカンドジェネレーション」です。
これは、長編ではなくて、中短編集という感じですね。

「ドラゴンランス」、「ドラゴンランス伝説」とか、けっこう「英雄」の物語だったのですが、こっちは、ちょっと軽い感じがして、冒険者の日常という感じがします。
きっと、タニスたちも、若い頃は、こんな冒険を……とか思ってしまいます。

キットの息子スティールは、めっちゃ魅力的です。
その善と悪への引き裂かれ方は、レイストリンを思わせます。
パリン。レイストリンにあこがれている彼にも、もちろん、その影を感じるのですが、本質的な部分で、スティールの方に、わたしはレイストを感じました。

きっと、みんな、そういう感じで、誰かに誰かの影をみているんでしょうね。

そういう、「長い恋」みたいな雰囲気が、なんとも2代目物語のよいところです。

どの話も大好きなのですが、「賭けるか?」の軽さは、すばらしかったです。
わたしは、ダウガンが誰かは、かなり早い時点でわかりましたが。

パラダインにしても、レオルクスにしても、本当に、この世界の神様たちは、魅力的です。

新しい物語。かなり期待通り…期待以上です。
これからはじまる大きな物語も、期待大ですねぇ。

マーガレット・ワイス,Margaret Weis
トレイシー・ヒックマン,Tracy Raye Hickman
安田 均
アスキー,エンターブレイン
発売日:2003-04-25
 


「チケットトゥライド」がやって来た! その4

大売り出し!!

トイザらスには、「チケットトゥライド」の棚がありました。

あと、「くるりんパニック」と野球盤がベスト3のイチオシ商品であるようでした。
「ブロックス」以来の定番商品になって欲しいところです。

ちなみに、「カタン」はありませんでした。

「モノポリー」がいろんな種類充実していました。
「モノポリー」って、そういえば、やったことないです。


真面目な人ほど、ギャグになる?そして、おいしいとこ取り…

遙かなる時空の中で12

四方のお札あつめのラストです。

そして、今回は、頼久編という感じかな。

夢をみないので、夢のおつけが伝わらない……というのは、ちょっと、びっくりしたというか、すごいギャグだと思いました。

しかし、見たくないと思ったからといって、見なくなるわけでもないだろうに……。

「その絆が八葉をそうしむけている」

というのは、この手の話をしていくなかでは、避けられない(というか、あえてふれてはいけない)話題ですねぇ。

でも、やっぱり、どこか作為的なものは……。いや、ゲームだし……。

ゲームといえば、「アンジェリーク」が新装版で出ていますねぇ。

「アンジェリーク」にしろ、「遙かなる時空の中で」にしろ、マンガ版は、すごく大切に、ゆっくりと作られて、「2」のマンガは、「3」のマンガは……という不満はあるのですが、ものすごく、物語としては、恵まれていると思います。

この調子で、ゆっくり、話がすすんでいくといいですねぇ。