すごい、アップテンポ

リーンの翼1

バイストン・ウェルの物語は、富野由悠季が作った世界の中でも、特に好きな世界です。
だから、しばらくかかれていなかったのは、残念だなぁと思っていました。

まぁ、作者にとってもかなり動かしづらい世界のようで、失敗してしまってる作品もあるのですが、イメージの広がりがあって、よいのです。

今回は、「リーンの翼」。
なんと、あの小説版「リーンの翼」の(なんとなくな)続編です。

「オーラバトラー」の物語と、「翼」の物語と、両方をつなげたものを作ろうとしているようです。

で、富野由悠季らしいところは、さらにそこに、「現在」というスパイスをいれるところですねぇ。

おかげで、メチャクチャ、ストーリー展開が、アップテンポで、説明なしです。
これもやっばり、アニメで見るべき作品なのかもしれません。