2006年02月一覧

水島新司強化月間?

新野球狂の詩12

ドカベンと野球狂の詩が戦うというすごいお話がすすんでいたので、そこまで行きたいということで、水島新司をがんばって読もうと。

ただ、ドカベンの方は、スーパースター編になってから、1巻も読んでいないので、またまだ先はながそうです。

しかし、この展開、強引だ(笑)そして、素晴らしい。


「犬神」の世界に…

わたしはあい3

けっこう、このままロボットと人間というお話に期待していたのですが、一気にお話が、「世界」になっちゃったので、ビックリしました。

うーん、この展開と結論は、「犬神」で1回みている気がするなぁと思ってみたりして。
表現の仕方が、「犬神」みたいに自然の使者になっているか、「わたしはあい」みたいに人工的なものになっているかという、オブラートの違いだけな気がします。

結局、どっちも、ブラックボックスなんですよねぇ。

もう1つの仮説としては、実はあいは、正しく紺野くんの欲望(妄想)をサポートしただけではないかとも思った。

つまり、紺野くんが、ああいうストーリーを必要としていたので、あいがそれを実現した(人類滅亡の結論から、救済まで)のではないかと。

うーん。
便利さは、やっぱり人を孤独にするかもしれない。

わたしたちは、どこへ行くのでしょうか?


2つの物語

しおんの王3

「しおんの王」は、メインストーリーである棋士たちの物語と、しおん自身の過去の殺人事件の物語と、2つのストーリーが絡み合っていて、他のこういう話にはない緊張感があります。

それときっと、歩が、男であることを公表して将棋を指すというドラマも、きっと入ってくるのだと思います。

けっこう、羽仁兄弟が、現在、過去のどっちにもからんできそうで怪しいとか思いますが、さすがに、そのときは、羽仁兄弟も子どもか……。
犯人、なんとなく、歩にも似てる気が(もっと、ありえねぇ)。でも、歩のお父さんって、謎の人なんですよねぇ。お母さんしかいないし。
もしかすると、お父さんは棋士だったのだろうか?

しかし、こういうマンガって、おやじがいい味だしますよねぇ。


ファィト

バキ30

「バキ」も、いよいよ最終局面にむけて動き出しました。
というか、少年チャンピオンを見てるから知ってますが、「ドカベン」と同じような展開に(笑)

そういえば、「グラップラー刃牙」も、こんな感じで続いているし……。

まぁ、でも、作者の中で、ストーリーについてのなんらかの結論みたいなのはでたのかなぁ。

ある意味、「バキ」って、格闘世界の「魔界転生」なんだなぁと思います。
1番強い時の「彼」と、バキと、どっちが強いのかみたいな。


クルッと8がねころんだ!!

8マン インフィニティ 2

各話の題名も、平井和正作品の題名だったんですねぇ。気づかなかった。

しかし、東 八郎のいる世界は、光一の精神世界だと思っていたのですが、リープも、普通にしゃべっていますねぇ。
テレパシーみたいな存在なのかな?