10月湖畔のゲーム会 その2 ジュージュージュー

ヘックメック

最初のゲームは、最近流行(笑)の「ヘックメック」からです。

はじめてやったときが、2人。
2回目が、6人。
3回目の今回も、6人。

前回の時は、「バーストすればタイルを返す」というルールを忘れていたので、けっこう、みんな無理してバーストするまでサイコロを振って、あっさり終わりました。
あっさり終わりすぎて、わたしなんて、ゲットしたタイルが0でした。
↑ 1こ取ったけど、横取りされた。

ネットの評価を見てみると、たくさんの人数で遊ぶと、取ったり取られたりのやりとりが頻繁に起こりすぎて、ゲームが降着しちゃう……というような話が。
本当かな??
ということで、今回は、ちゃんとしたルールで遊ぶので、そのあたりも、たしかめてみたいです。

ルール説明。これは、説明するよりも、やった方が早いですね。1周りぐらい説明しながら練習をすれば、すぐ理解できそうです。
どうも、すぐにゲームを始めたいという傾向があるので、なかなか、こういう余裕のあるインストって、出来ないんですけどね。
まあ、それでも、2周ぐらいすれば、

「えっ、オレまだルールわかってへんわ」

と言っていた人も、ちゃんと出来るようになります。1年生は、1周で理解できてました(笑)
1年生の子は、

「この人だけには負けへんぞ~」

と、がんばっています。
まあ、あんまり個人を集中攻撃できるゲームではないですね。すべては、サイコロのままに。

で、2回続けて遊んだのですが、そんなに、人のタイルを奪うチャンスってないと思うのですが……。

ねぇさんの記憶によると、まあ、人のを取れるようになった時も、さらに振りにいっていたからねぇとのことですが……。

たしかに、「25」あたりは、けっこうお手頃で、動いていたようですが、それでも、

-ピッタリの数字でしか奪えない
-1番上のタイルしか奪えない

というルールがあるので、それほど硬直しない印象があるのですが。

ゲーマーとすると、違うのでしょう?

えーと、結果ですか?結果は、あんまりよくなかったような。というか、和邇乃児さんが、勝っていたような気がします。

ライナー・クニツィア,Reiner Knizia
Noris Spiele Gmbh
発売日 : 2005-03