強さ

武装錬金7

ジャンプの中心的な読者的には、「もっと強いキャラクター」を望むわけです。
だから、頭脳で戦うけど武装錬金自体は強くない剛太とかは、あんまり好かれないわけです。

でも、そうすると強さがインフレしていくわけで……。

作者としては限界をもうけて、見せ方を工夫していかないと自分がワンパターンのような気がしてしてしまう。

難しい問題に、和月伸宏は挑んでます。