2005年03月一覧

嘘つき……

修羅場はぬけたのですが、実はけっこう忙しかったという……。
きのうも、帰ってきたのは、12時すぎでした。

うーむ。書きたいことは、たまる一方なのですが。

大きな買い物についての思うことも書きたいのですが、なかなかに、時間がとれないなぁ。
まあ、「あ・そ・ぼ」のボードゲームと本というテーマからははずれるのですが((いや、ボードゲームと本のための大きな買い物なので、それほどテーマからはずれないか……))、なかなかおもしろいエピソードがあるんですけどねぇ。

書くことか、たまる一方です。

あぁ、「ゆうもあゲーム会・京都」の方の参加報告が書けていない。
これから、書き足しておこう。コソコソ。


2月おてばん その3 建築するって、本当ですか?

マウアー

これは、『ゆうもあゲーム会・大阪』で1回遊んだことがあって、その時に惚れ込んで速攻で、購入したゲームです。
でも、その後、遊ぶ機会がなくて半年以上ほっておかれました。

ちょうど、この2月の「おてばん」の後に、知り合いが、ゲームしたことない人たちを巻き込んで遊びたいなぁ1ということで、初心者にでも楽しいゲームを探していました。

で、わたしが推薦したのが、この「マウアー」でした。

あとは、「ゲシェンク」、「ブロックス」、「ごきぶりポーカー」と、けっこう最近の定番が選ばれていたので、インストは、けっこう大丈夫。
でも、「マウアー」は、わたしのゲームということもあり、その知り合いも遊んだことがなく、わたしが遊んだのも半年以上前ということで、まあその彼氏お披露目ゲーム会までに、1回は遊んでおきたかったわけです。

ということで、この日の「おてばん」には、「マウアー」を持っていったのですが、なんと、会場に行ってみると、「マウアー」がちゃんとおいてあるではないですか(笑)
別に、リクエストとか、なんにもした覚えがないのに。

……白紙さん(のだったと思います)、すごい……。エスパーだ。

というわけで、「マウアー」、ちゃんと遊んできました。
おかげさまで、後のゲーム会のときにも、いちようちゃんとルール説明ができました。

「マウアー」は、バッティングのゲームです。
親になった人は、自分の考えを人に読まれてはいけません。
失点の高くなる色つきの建物をどうやって処理していくかが、勝負の分かれ目です。

そして、わたしは……。

「わかりやすすぎ……」

と言われるぐらい、わたしが親の時は、白紙さんに読まれまくっていました。
そういえば、「ババンク」のときも、読まれまくっていたような……。
顔には出ないはずなのに……。

そうか、「マウアー」をやりたいと思った時点から、バッティングしていたのか。
ゲーム始まる前から、ずっと読まれ続けて……。

それは、次のゲームでも続くという。

  1. 友だちに彼氏お披露目ゲーム会(笑)という名目だったと思います。 []


つながれた手と手

きみのカケラ4

忘れてしまっても、忘れなかったものがある。

シロは、「最終兵器彼女」の彼女とよく似ています。

記憶をなくしてしまっても、なにか残るものがある。
それは、物語の夢なのかもしれませんが、そうであってほしいと思います。

本当に。

大切な人と手をつないで歩こう。


三人称

魍魎の女王 上 獅子の目覚め サイコダイバー・シリーズ

毒島獣太。
三人称で書くと、すごくイヤなところがめだっておもしろいですね。

こんなやつが、近くにいたら男はたまったもんじゃない。

でも、魅力的だと思います。どっか、あこがれるところもあるのかも。