アシモフらしい…

ファウンデーションと混沌 上 新・銀河帝国興亡史2

ひさしぶりに、まともな本の感想ですね。
でも、下巻の感想は、いつになるかわからないという……。

あぁ、1巻のベンフォードよりも、グレッグ・ベアのロボットたちの方が、わたしにとっては、アシモフのロボットに近いです。

特にこの時代のドースの話を聞けるというのは、ちょっと感涙ものです。

ただ、まだ正体を現さないキャルウィン派ですが、彼らもまた、ダニールがいじったロボットたちということなんでしょうか?