2004年10月一覧

「気が変になるほど愛してる」

東京のカサノバ くらもちふさこ選集2

あれ?
わたしが、「雑談部屋」の方で、「まみあな」ってこんな話って言っていたときにイメージしていたのは、この話ですねぇ。

と、ブックオフで、「まみあな」の1巻(1巻しかなかった)を立ち読みしたら、「まみあな」の方も、捨て子の話でした(笑)
あながち、間違ってないのだが、わたしがイメージしてたのは、ばあちゃんの出てくるこっちですね。

ばあちゃんのイメージが残っています。
そういえば、きのう感想を書いた「KISS+…」の方は、あの店のおばちゃんの顔の印象が残っていました。
なぜだ、くらもちふさこ(笑)メインのストーリーは、あんまり残ってないのに、なぜ脇のワンポイントがこんなに印象的なんだ(笑)

あと、乙姫も印象に残っていました。けっこう、憎めない。何でかというとコンプレックスが強くて不器用だからでしょうね。
人から理解されにくい。
だから、とっても短い「東京のシュラバ」も好きです。

うむ。くらもちふさこの主人公男は、モテモテタイプが多いようです。


とうとう、追いついてしまった。

彼氏彼女の事情19

7月の終わりに1巻を読み始めた「彼氏彼女の事情」ですが、とうとう、最新刊までたどり着いてしまいました(パチパチ)

これから先は、連載が貯まるのを待って読むという……なんだか、少しさみしいような気もしますが。

そして、この巻でも、雑誌で見たはずのあのシーンが出てこない(笑)

えーと、この巻、「ララ」8月号掲載分まで載っているので、やっぱり夢、幻か(笑)

まあ、誤解が、いい出合いをうむということもあるということで……。


この1週間、まともな本、読んでねぇなぁ

京ぽんの本 京セラAirH”PHONE AH-K3001V活用術

マンガは、結構読んでますが、忙しかったのか、この1週間は、まともな本読んでませんなぁ(笑)

ずっと、携帯…というよりも、電話がきらいで、信楽に住んでいたときは5年間ほど電話なしで暮らしていたほどです。

ですが、最近、このPHSに買い換えてから、PHSってよいものだなぁと思っています。

京ぽん。AH-K3001V。名前がいいよな(笑)

ヴェブサイトをそのまま見られたりして、とっても便利です。


「夢」を継ぐもの

みどりのマキバオー8

たとえ体はボロボロでも、その夢をだれかに渡すために、カスケードは走る。

それは、けっして、マキバオーだけに向けられたものではなくて、未来の競走馬たちすべてにむけられた思いなのだなぁと。

これからの世界編は、ちょっと内容的には心配ですが……。


走れば間に合う そう思って走れ

いたいけな瞳4

「嘘をつかずに男を騙す方法について」の次が、「花の眠る庭」。
すごい、並べ方だ。というか、この話が1人の人のなかに共存しているのがすごいです。
でも、「嘘をつかずに男を騙す方法について」は、よく読むと、2巻の「橡」と同じテーマにも思えてきます。

この巻で印象が強いのは、「花の眠る庭」と「百合の吐息」。コメディも好きですが、妖しい話に惹かれる傾向があるな(笑)
多分、おいて行かれちゃう人間にシンクロしやすくなっているのだと思います。