アルジャーノンに……

彼氏彼女の事情9

1巻丸ごと学園祭。そして、劇中劇!
劇中劇って、お話を2倍考えなければならないので、大変そうです。しかも、その劇がオリジナルな作品だったりしたら、短編1編かけちゃうようなネタを使ってしまうわけですから。

「あのストーリーはよかった!」

と物語のなかで語らせるためには、手をぬいた劇にするわけにはいきません。

えーと、劇中劇といって思い出す作品は、やっぱり名作美内すずえの「ガラスの仮面」とか、氷室冴子と藤田和子の「ライジング」とか、あとちょっと濃い目ですが、相原 コージと竹熊健太郎の「サルでも描けるまんが教室」とかですね。
まあ、「ガラスの仮面」は別格として(笑)、「ライジング」の「レディ・アン」とかは、けっこう好きでした。ただ、「ライジング」は、後半、劇中ではない方のドラマがもたついちゃって、惜しい印象が残っています。
そうだ、成田美名子の「エイリアン通り」でも、最後、「FELICIA」というのがありましたねぇ。

今回の「鋼の雪」は、マンガのなかに練習風景があんまりでてこなかったのが、ちょっとそこが残念かな。
あぁ、あれが、このシーンになるんだという驚きが少なかったです。

それがうまいのは、成田美名子のような気がする……。オーディションで使った状況とかが、ちゃんと、劇のなかにでてきて「おーっ」という感じでした。

佐倉と十波は、またくっついて、これで決着かな(せわしない人たちだ)。

ここまででひとまとまり。
なかなか、ドロドロの後半戦に突入を感じさせるような終わり方で、終了します。