2004年07月一覧


18年…

ファイナル・ミッション JORKERシリーズ8

とうとう、ジョーカー・シリーズが完結しました。
18年かかっているそうで……。
リアルタイムにずっと読んでいたわたしにとっては、長い時間だなぁと思います。

全巻で、かなり物語の核心まで近づいて、そして、空白があったので、

「『アル・カラル』のシリーズと同じように、このシリーズも、完結しないまま終わるのかなぁ…」

などど思っておりましたが、きちんと完結してよかったです。

雑誌の「WINGS」自体が様変わりしてしまって、昔は、あんなにたくさん魅力的なマンガがあったのに、今では、時々載る「パーム」ぐらいしか、読むものがない。
そんななかで、「ジョーカー」が、「WINGS」に載っていたということは、知らなかったので、コミックが出たという話を聞いたときは、とってもうれしかったです。

でも、部数が少ないようで、探すのにすごく苦労をしました。


減らす?

ドカベン プロ野球編51

まぁ、実は野球なんてどうでもいいやと思っているので、1リーグになろうが、どうなろうがかまわないのですが、たしかに、スーパースターが、大リーグに抜けていくというのが、日本のプロ野球の危機をつくっているのは確かだと思います。

野球好きの人は、

「スーパースターが抜けても、長いスパンで見たら、また、大リーグーで活躍した選手が戻ってきたりして、活性化につながるんだよ」

と言っていたのですが、そこまで、ファンの気も長くないようです。

というか、最近の流行の周期は、早すぎで短すぎ。
テレビの悪い影響だと思います。

確かに、山田世代が、プロ野球にいたら、野球も今よりはおもしろいかも。



全然、パーフェクトじゃない…

修羅の刻 パーフェクトガイド 陸奥圓明流外伝

「修羅の刻」がアニメでしているそうです。
見たことないけど、見た人の感想では、

「けっこぅ普通よ~」

とのこと。
普通って、どんなんよ~。

今は、ウワサでは、幕末編。
でも、わたしとしては、それ以降の話がどうなるのかが、気になります。

実は、わたしが1番好きな、「修羅の刻」は、「アメリカ西部編」だったりします。

パーフェクトブックは、そこにはなにも触れられていないという……。