そして、その最後に流された映像すら編集されているという

破線のマリス

ミステリーが、苦手なくせに、最近、ミステリーをよく読んでいます。
そのせいで、ちょっと読むスピードが、遅いような気がします。

前半は、興味のないことが多くて、ちょっとかったるかったのですが、後半は、なかなかジェットコースターのようにおもしろかったです。

でも、このお話、結局、えん罪事件で、真犯人ってわからないまま終わってしまったのかな。
わたしの頭が悪いので、わからないだけかもしれませんが……。

それでも、「マスコミの良心」というのは、信じられん。

多分、最後のシーンにながされるテープも、チェックされて、都合の悪い部分はカットされて、罪をこの人一人になすりつけるように編集されているんだろうなぁと思ったりします。

破線のマリス (講談社文庫)

野沢 尚