貴成さん

軽井沢シンドロームSPROUT3

「軽井沢シンドローム」の2代目達のお話。
でも、現在、作者が潰れちゃったようで、連載はとびとびです。

この3巻まで読んで、新旧のキャラクターをうまくつかっているなぁと思っていましたが、特にキーパーソンになっているのが貴成さんですね。「ら・くか」のマスターです。
なんていうか、すべてのキャラクターをつなぐさりげないキーパーソンになっています。
そのあたりが、やっぱり「たがみよしひさは天才だ」と思わずにはいられません。

これからも、ずっとファンです。