2003年11月一覧

真っ赤にもーえたー

ハングリーハート2

日本のトップレベルのサッカープレーヤーは、MFを目指す。
それは、「キャプテン翼」の翼くんが、MFだからだ。
かなりの部分は、本当?

ということで、日本のFWのトッププレーヤーを生み出すべく描かれたのが、この作品。……多分。
高橋陽一と乙武広匡が、どっかでそんなことを対談していたような気が。

FWは、やっぱり、こういう性格じゃないとダメですか?


桃井さん、かわいい

 いいひと。4

そして、この人も、「いいひと」にホヤンホヤンと。

でも、わたしは実は、工場のおっちゃんとかの気持ちの方がよくわかったりします。

もう、年だな。きっと。



第2回ゆうもあゲーム会・大阪 その5 そして、定番ゲームをいろいろ

そろそろ、頭の中から、記憶がぬけていっております。
記憶違いもあるかも。

にわとりのしっぽ

定番になってきた「にわとりのしっぽ」を、定番の小学生達と遊ぶ。

そして、定番として負けるという。

今まで、このゲームで勝ったのは、たったの1回だけです。

にわとりのしっぽ

/ Zoch


ブロックス

妨害、子どもの方がうまいです。
わたしの方が、どうやったら、自分においしく相手には妨害になるかが、今ひとつわかってないという。

4人いないとおもしろくないということで、人数がピッタリあうのが難しいのですが、それでも、その割にはいつも絶対に遊ばれている、定番ゲームです。

ブロックス

/ ビバリー(2002/04/01)


カヤナック

とっても、小さい子は、これ。
たしか、今回も、お母さん達と小さい子で遊んだのかな。

まだ、1番簡単なルールでしか遊んだことがないんです。

グログロ

やっぱり、日本語のルールブックが入っていないという…。おかしいなぁ。前回、用意されているところを見たような気がするのですが…。

そして、やっぱり、これであってるのかどうか、今ひとつ自信がもてない。

大人は、タマゴ取るとき、手がブルブル震えます。
手のちっちゃい子どもの方が、ちょっと得かもしれません。

ディスクショット

おもしろいのですが、ビミョーにテーブルの上で遊ぶには向かないゲームです。
テーブルがあると、子どもの手が届かなかったりするんですね。あと、周りを移動しながら遊ぶので、テーブルが邪魔だったり、どうしても、プレイフィールドが、細長くなったりしてしまいます。

うーむ。必要なのは、フロアーだ。

あと、小さい子は、指で弾いてOKにしてもよいなぁと今思いました。


第2回ゆうもあゲーム会・大阪 その4 1つ積んでは母のため

ルミ

「ルミ」は、「ゆうもあ」の情報誌「シュピール」の2号に「ルーミ」という名前で掲載されていたゲームです。
その記事を読んでから、1回遊んでみたいなぁと思っていたゲームです。

それから、自分でも購入して、1人で積み木をならべてルール確認というさびしいことをしていたわけですが、1人でやってみた感じでは、ルール簡単だしおもしろそうです。
小学生でも、遊べそうだぞと秘かに思っていたわけですね。

というこひとで、「ゆうもあゲーム会・大阪」で、小学生中学年ぐらにいの子達を相手に1ゲーム。
これ、わたしのゲームを持っていったのですが、よく見たら、ちゃんと「ゆうもあゲーム会・大阪」の会場に用意されていました。

「なーんだ、あるじゃないか。」

とそのゲームを手に取ってみます。同じゲームを持っていった場合は、混ざると困るので自分の方は出さないんですね。

で、みてみると、いくつかの積み木が、立方体の形にはずれてしまっていました。遊べるようにとゴムでちゃっと形にしてあったのですが、そんなこと知らなかったので、わたしがゴムをはずしてしまいました(そして、バラバラに)。

あぁ、これでは遊べない。
ということで、急遽、わたしがもってきたのを出して、プレーです。まあ、持っていったゲームが役に立ったのでよかったよかった。

箱を開けると、色とりどりの積み木が入っています。
積み木は、立方体の形が基本で、それが、2つから4つひっついて、いろいろな形をつくっています。
えーと、テトリスとか、ブロックスの立体版というと、イメージはつかみやすいかな。

積み木は4色あって、それぞれのプレーヤーが、自分の色を決めてプレーします。

最初のプレーヤーは、その積み木をボードの好きなところにおくことが出来ます。次のプレーヤーは、前におかれた積み木と1つの面が接するように、自分の色の積み木をおいていきます。

2周目からは、自分の以前自分がおいた積み木に1つの面が接するようにおいていきます。おけなくなったら、その人はゲームから脱落します。
全員が、おけなくなったら、ゲーム終了。このあたりは、「ブロックス」に似ていますね。

おもしろいのは、点数計算のしかたです。
真上から見て、見えている正方形の積み木1こが1点になります。
だから、人の積み木の上に、上手に自分の積み木を重ねていくのが大事です。

もう1つこのゲームをオモシロくしているのは、いろいろな積み方のバリエーションです。
4種類のボートがありまして、ボードをかえることによって、積み木の積み方が変わってくるのです。
例えば、「ピラミット(コリャンダ)」というシートを使えば、外周は1段だけしか積み木がおけないことになっています。そして、真ん中になるにつれて、高く積み木をおくことができるようになっています。
だから、ルールに従って積み木を積み上げていくと、まさに、インカのピラミッドのような作品が出来上がってきます。

また、せまい土地にどんどん高く積み上げていく、「塔(チェルパ)」など、いろいろなバリエーションが楽しめます。

でも、遊んでみた感想としては、いろいろなバリエーションよりも、みんなで一緒に、競い合いながらも、なにか1つの形を作っていくというところが、何ともいえない不思議な楽しさがありました。

今回は、多分1番基本形だと思われる「城壁(壁・ピルカ)」というボードで、まずはプレーしました。

予想通り、簡単で、楽しいです。
というか、予想以上に、子どもたちに受けていました。
けっこう、サクサク進みます。「城壁」のボードで、15分~20分ぐらいです。

えーと、最初のうちは、大人のわたしが、トップに立っていたのですが、なぜか、3人がかりで叩かれてしまって、転落してしまいました。

えぇ。えぇ。転落してからも、なぜか、叩かれまくっていましたともさ(笑)

複雑な形をした積み木が、サクッと間にはいったときの快感、それから、どんどん形ができあがっていくおもしろさは、なかなかのものです。
積み上がってくると、椅子の上に立ち上がって、上から自分の積み木がいくつ見えるのかたしかめる姿も見られます。
真剣な姿で、自分たちの築きあげた建物を見るその姿は、まさに、現場監督(笑)
満足そうにうなずいたり、不満そうに腕組みしたりと、なかなか、それも、楽しいです。

自分たちが勝ったということもあったのか(いつの間にか、大人対子どもになっていて、1人でも子どもが勝てばいいというルールになっているという…)、気に入ったようで、この後、同じ「城壁」のボードで1回、それから、「ピラミッド」のボードでもう1回と遊びました。

そして、時間をおいてみていたら、この子達、自分たちだけで、全部のボードをためして遊んでいる姿が見られました。

うむ。中・高学年に、定番っぽいゲームができたかな。

このゲーム、日本語訳のルールが2種類あったのですが、ちょっと読んでみると解釈が違うようでした。

1つのルールは、2手目以降、「積み木は自分の積み木に接するようにおく」となっているのですが、もう1つのルールは、2手目以降、「積み木は自分の積み木に接するか、もしくは、ボードに接する」となっています。

前者のルールが、正しいような感じなのですが、そうすると、最初の手番の人は、よくおくところを考えないと、2手目でいきなり全部ブロックされちゃうことがあり得ます。1

ということで、子どもと遊ぶときは、ボードに接していたらのルールの方が良さそうなのですが。

実際のところ、どうなんでしょう。情報ありましたら、教えてください。2

ルミ(日本語ルール付)

/ ムルメル


  1. 例えば、ピラミッドの外周など1段しか積めないところに長い直方体の積み木をおいた場合、三方を囲まれると、もう、上に行けなくなって終わっちゃいます。 []
  2. 自分の積み木に接するようにが、正しいルールのようです。 []