テイク・イット・イージー その6 かけ算、かけ算

テイク・イット・イージー

久方ぶりに、このゲームを遊びました。
いつかやろうと思っていた、多人数企画です。

名付けて12人で「テイク・イット・イージー」(笑)
あんまり、驚き的には、少なそうですね。

そうです。なぜか、りんのところには、「テイク・イット・イージー」が3セットあるのです。

集まってきたのは、小学2年生が11人。
これはまた、集まってきたもんですな。

「キミ達、かけ算は、もう習ってるの?」

と聞くと、

「習った。習った」

という答え。
ほれならやってみましょうと、スタートしたわけです。

えーと。
15分から20分ぐらいで1ゲームしていた覚えがあるのですが。
なんか、たくさんの人数の子どもに説明しながら遊んでいると、最後のタイルをおき終わるまでに、40分ぐらいかかってしまった。

それから、点数計算。
まずは、縦の1列目。

「そろってる~?」

「はーい。3でそろってる~」

「じゃあ、メモに、『3×3』て書いておこうね」

1列ずつ確認していきます。
これに、けっこう体力消耗(笑)
15列全部確認したころには、そろそろ50分ぐらいかかっております。

「それじゃあ、これで終了。あとは、かけ算を計算して、それを全て足したのが点数です。
 点数の大きい人の勝ちだよ」

ひとまず、終了。ホッ。
まあ、2回目からは、説明もなくなるから、もっとはやくできるようになるでしょう。

「えー。おっちゃん、かけ算わからへん~」

「キミたち、はじめに、かけ算習ったって言ったやんか?」

「だって、ぼくら、まだ2の段しかわからへんもん」

ご丁寧に、2の段を唱えてくれている子もいます。
もうそろそろ、時間が無くなっています。

「じゃあ、そのメモだけ持って帰って、家で足し算で計算したりしておいで」

教訓。
子どもの「知ってる」を信じてはいけない。

九九を覚えてから、また、遊びましょう。

テイクイットイージーL

/ Ravensburger