ただいまママ残業中 その1 子どもがいたらかまい隊

えーと、わたしの仕事には、実は残業手当という物がありません。
なら、残業なんかないかというと、そうもいかないのが世の常です。

時期によって仕事の忙しさというのは、かなり変わるのですが、普段は時間いっぱいまで仕事して、まあ、忙しくなると残業が増えるという感じですね。
けっこう、突然に仕事が降って湧くことなんていうのもありまして、そうなると殺人的スケジュールなんてのになっちゃうこともあります。

家庭を持っておられる兼業主婦の方も、男女同権のお仕事ですので同じだけの仕事量があります。
仕事中は、お子さんを知り合いの方に預けておられるかたも多いのですが、残業となるとそうもいってられなくなります。
小学生に入学しているぐらいの年齢だといいのですが、まだ就学前ってこともおこりえます。
もちろん、子どもの世話をお母さんだけがしなければならないわけではありません。でも、お父さんも残念ながら子どもの世話ができない状況であったりします。

そういう場合は、どうなるのか?
たまに、子連れ狼で仕事をすることになります。
え、職場に子どもを連れてくるなんて非常識ですか?
でも、もう、労働時間過ぎてますから。残業手当ももらいませんし。
つまり今は、仕事場にいるだけのプライベートな時間なんです。
↑ なんて書いたら、「プライベートで仕事ばの電気代を使うな。電気代はらえ」なんて言いそうな管理職も、やっぱりいるので、ここだけの内緒の話。

さて、先日も、そんなお母さんが1人。

えーと、子連れ狼で仕事をされているのですが、子ども小さいから、すぐ退屈するんですね。
だいたいが、お母さんが仕事でまともにかまってもらえないので、ご機嫌ななめなわけです。
しかたがないので、左手で子どもだっこして、右手で名簿を作っておられました。
そして、左手の子は、10秒に1回ぐらいの割合で、自分の存在を主張するためにお母さんに話しかけております。

ちょうど、りんは自分の仕事が終了して、帰ろうかなと思っていたところです。

「あら、子どもがいるわ~」

と手を振って愛想を送ると、隠れられてしまいました(笑)

で、ちょっと、観察してたんですが、こりゃ大変だわ。

「ねぇ、いつ終わるの?」

「もうすぐだから、まってね」

「早く帰ろうよ」

「これが終わったら、帰るからね」

どうも、名簿をしあげたら帰れるみたいなんですが、10秒ごとぐらいに仕事が途切れちゃうので、一向に終わらない様子です。

うーむ。あれは、ちょっと両方とも不幸だわ。

ということで、

「おっちゃんとこ来るか?」

とアヤシイおっちゃん、子どもを誘ってみます。
お母さんは、

「いいよ~。気にせんといて~。大丈夫やから~」

とか言ってますが、全然、大丈夫そうではありません。
子どもの方は、

「イヤ!」

とか言ってるし……。

せめて、仕事場に子どもの気を引くようなものがあって、お母さんの手を離れれば、その隙にお母さんが仕事を終えられそうなのですが。

仕事場に、子どもの気を引くようなものって……。あるわ(笑)
なんで、あるのかというのは、内緒。
内緒ばっかりですねぇ。

うむ。「アレ」ならば、「イヤ!」とか言ってる子どもでも、フラフラフラと引き寄せることができそうです。
15分も引き寄せてれば、「もうすぐ」な、お母さんの仕事も終わるだろう。

ということで、自分の仕事部屋に「アレ」を取りにいきました。

さて、わたしは、なにを取りに行ったかが、今日の問題です。
わかった方は、「雑談部屋」の方に(笑)
賞品は、でません。

ヒントは、実はこのページの中に!