2003年08月一覧

わらべ唄の思い

人を育てる唄 遠野のわらべ唄の語り伝え

えーと、最近、お手玉にこっていて、そのながれで、どんな唄があるのかなぁという興味でよみました。
それから、「いわき ぱふ」でぱふ通信というのが出ていて、そこに、とっても素敵な遠野の子育ての話が載っていて、それに興味をひかれたということもあります。

読んでみて、ビックリしました。
先人の知恵みたいなのはあるかなぁぐらいに思っていたのですが、「わらべ唄」というのは、もの凄く体系だった子育てのシステムなんですよ。
だから、何歳ぐらいでは、こんな唄をうたって、こんな遊びをするということが決まっていたそうです。

なかには、家のご主人が、妾をかこってなんて、色っぽい唄もあるのですが、それにもちゃんと意味があって、子どもにうたいかけながら、実は遠回しにご主人に釘を刺したりしていたのだそうです。
面と向かって言うとけんか腰になってしまうことでも、そうやって、子どもにうたう唄に託して伝えたものもあると言うんですね。

今だと、「そんな唄!」ということで、きっと禁止されたりすると思うんです。でも、そういった伝える装置がなくなったことで、すごい今の社会って困っていることも多いんじゃないかと思います。

もうちょっと、この方の関わった本があるようですので、追いかけてみようと思います。


そして、またこの手の本に手を出す

YASHA OFFICIAL GUIDEBOOK FIRST GENERATION

そうか、「YASHA」の話には、続きがあるのかぁ。
もう、いい年なんだから、こういう本に手を出すのはやめようと思いつつ、気がつくと買ってしまうわたしであった。


そ、そんないい加減な話が…

月下の君2

途中、主人公が目が見えなくなるんですが、彼女とのからみ以外のところでは、支障なく学園生活をしているという。
それは、ちょっと、ストーリー云々する前に、いい加減すぎるだろう(笑)
すごすぎて笑えました。

彼女もすごい。

「正式な彼女として……」

いつ、そんな話になったんや~~(笑)

月下の君(2) (フラワーコミックス)

嶋木 あこ / 小学館(2002/12/19)



8月 第1回ゆうもあゲーム会・大阪 参加

今日は、第1回の「ゆうもあゲーム会・大阪」の日でした。
第1回ということで、また、会場もかわるということで、どれぐらいの参加があるのかなぁと思っていましたが、スタッフふくめて60人以上の参加があり、大盛況でした。

遊んできたゲームは、

「手さぐりゲーム」
「九路盤囲碁」
「コロレット」
「クラウン」
「キャッチミー」
「カード・ラビリンス」
「グログロ」
「ねことねずみの大レース」

なんか、いつもより少ない?
思い出したら、書き足します。

「九路盤囲碁」と「キャッチミー」と「手さぐりゲーム」をひたすらしていたような記憶が(笑)


通販記念

通販しました。
「プレイスペース広島」さんです。
いっぱい買ったよ~。届いたよ~。
ふっふっふっ。あのゲームも、拡張セットなしで買っちゃったのよ。お、重い。

お、「トール」と「にわとりのしっぽ」の日本語訳のルールがないぞ~~。
連絡せねば!!
と思ったら、あのゲームと一緒に梱包されておりました。よかった、よかった。

ということで、ゲームリスト更新です。

あ、3つほどは、「プロジェクトコア高槻店」で購入しました。

そして、通販記念ということで、

「プレイスペース広島」
http://www.ps-hiroshima.com/

リンク集に追加しました。

しかし、代引きで郵便屋さんが持ってきてくれたのですが、お金を払おうとしたら、

「お釣りない」

とか言われてしまいました。
をいをい。
こんなことがあると、「民営化されてしまえ」と思ってしまうわたしでした1

  1. この人がこうだから、郵便局で働く人はすべてそうだと断定してしまってはいけないことは理解しつつ……。 []