5月京都ドイツゲームサークル その6 走れソニック!

ウサギとハリネズミ

家にあるけど遊んでないゲームを遊ぼう企画ということで、名作「ウサギとハリネズミ」です。

これは、日本での昔話でいうところの「ウサギとかめ」の話なのだそうです。
日本の昔話?ん?と思って調べてみますと、どうやらこれ「イソップ物語」のようですねぇ。
もっとも、その「イソップ物語」が日本に入ってきたのは、16世紀ぐらいのようですから、もう、日本化していてもおかしくないぐらいのものなのかもしれません。
これがドイツだと、なぜか「ウサギとハリネズミ」となるようです。ドイツでは、かめよりもハリネズミの方が、よく見かけるのでしょうか?

まあドイツでは、ハリネズミの足は遅いと思われているわけですね。日本では、どうでしょう。
さて、妹に質問してみます。

「今日、『ウサギとハリネズミ』っていうゲームするんだけど、どっちが速いと思う?」

「そんなん、ハリネズミに決まってるやん」

うむ。兄ちゃんも、思いました。
これは、ドイツ、日本、両国の「動物のとらえ方と民族性」という問題を考える上で、なかなか、示唆に富むものがあるではないですか。
それぞれの民族の中に、その動物の性格をそう捉えるにあたって、基本となる物語があったのではないでしょうか。

「特に青いハリネズミは、速いよ。音速で走るらしいから」

さすが、兄妹。同じ物語の上を生きています。これはまさに、同じ血が流れているといってもいいでしょう(まぁ、兄妹ですから)。
その血の名前は、「セガ」(笑)

ハリネズミときくと、反射的に「ソニック」を思い浮かべてしまう(というか、それしか思い浮かばない)わたしたちでありました。

それはさておき。

「ウサギとハリネズミ」は、日本人にもなじみやすいんしゃないかなと感じさせるスゴロクゲームです。もちろん、そこはゲームの国ドイツ。ひと工夫もふた工夫も、あります。なによりも、移動にサイコロを使わないってところが、特徴です。
たしか、第1回のドイツゲーム大賞をとった名作です。
もっとも、わたしの持っているのは当然リメイク作品で、間には、移動にサイコロを使うバージョンとか、いろいろな種類のが出ているそうです。

ちょっと古い名作(1979年のドイツゲーム賞受賞作品です)ということで、遊んだことなのいくて遊びたいという人もけっこういて、メンバー全員、このゲームはじめてという状態でゲームが始まりました。

インストは、このゲームを知っておられる方がしてくださりました。
でも、やっぱり持っていくゲームは、ルール見ながらでもいいからインストできるようにしておくべきですねぇ。いつも、ご迷惑をおかけしてしまっています。今度から、できる限りインストできるようになって、ゲーム会に行くようにしたいと思います。

特に、ゲームに参加されない方にインストしていただくというのは、ただでさえ難しいインストの敷居を意味もなくあげてしまうようです。
一緒にプレーしておられる方がインストできたら、追加のルールとか、注意事項とかあったときに、その都度、説明することができます。
でも、最初に一気にインストしてもらって、そのあとゲーム中にその人がいないというのは、やっぱり、ベテランでも難しいようです。

今回は、「にんじんマス」の説明を、間違って理解してしまって、ゲームがちょっと複雑になってしまいました。
まあ、ゲームの楽しさを壊してしまうような間違いでもなく、

「今回は、このルールで行こう」

と、おおらかな方が多かったので、楽しくゲームをできましたので、ご安心下さい。
今回みたいな単純なゲームですらそうですから、最近の難しいゲームになってくると、よけいにそうだと思います。
やっぱり、ルール見ながらの1人遊びは必要かも。

さて、スゴロクです。
でも、サイコロでは進みません。前に進むためには、「ニンジンカード」を使います。
でも、サイコロがカードにおきかわっただけではないですよ。なんと最初プレーヤーは、全員65本分のニンジンカードをもってスタートします。

1マス進もうとすると 1本のニンジンカードが必要です。
2マス進もうとすると 3本のニンジンカードが必要です。
3マス進もうとすると 6本のニンジンカードが必要です。
4マス進もうとすると10本のニンジンカードが必要です。

要するに、一気に進もうとするマスの数が多ければ多いだけ、うなぎのぼりにニンジンカードが必要になってくるわけです。
えー、これもしかして、計算しないといけないの?と思った方。安心してください。りんは、そんな難しいゲームできません(笑)。ちゃんと、「前進に必要なニンジン数早見表」というのが、1人に1つずつ用意されています。

ちなみに、最初に持っているニンジンカードを全部(65本)使うと、10マスぐらい進めます(10本あまります)。
この時点では、ランダムな要素はまったくないわけです。
で、一気に10マスも進めば、一気にニンジンがなくなってしまいます。
また、1手番に1マスずつ進めば、ゴールまでは64マスありますので、最初のニンジンカードでギリギリゴールできます。でも、これでは、競争になりません。
そこで、このゲームは、なんとかしてニンジンを増やさなければならないわけです。

ニンジンを増やす一番基本の方法は、なんとゲームボードのマスをバックすることなのです。
そして、たくさんバックすればバックするほど、たくさんのニンジンカードがもらえます。

だから、時にはウサギのように素早く前にでたり、時にはハリネズミのように力をためたりしなければならないわけです。

ニンジンカードを使って移動しますので、ニンジンカードの範囲内においては、自分の好きなマスに移動することができます。
でも、すべてのマスでイベントがおこります。

マスには、「順位マス」、「ニンジンマス」、「レタスマス」、「ハリネズミマス」、「ウサギマス」の5種類があります。

「順位マス」には、1~6までのいろいろな数がかいてあります。これは、順位を表しています。自分の順位とマスの数字があっていたら、順位の10倍の数のニンジンをもらいます。だから、順位が後の方が、たくさんニンジンがもらえます。
でもこの順位、自分の手番の最初の順位です。だから、「3位」のマスな「3位」で止まっても、次の自分の手番がまわってくるまでに、誰かが抜かしてしまったりして順位が変わると、もらえなくなります。

「ニンジンマス」は、ニンジンの絵が描いてあります。ここも、「順位マス」と同じように入ったときは何もおこりません。そして、次の手番のときに、「移動する」か「とどまる」かを選択します。
「とどまる」ことを選択した場合、10ニンジンを受け取るか、支払うか選択することができます。
今回は、このルールを間違えていて、入った時点で10ニンジンを受け取るだけだと思っていました。だから、止まって、ニンジンの数を調整するということができなくなって、ちょっと難しくなってしまいました。

「レタスマス」は、レタスの絵が描いてあります。ここに止まると次の手番1回休みです。そのかわり、レタスを食べることができます。
プレーヤーは、ゲームスタート時に、3枚のレタスカードを持っています。そして、このカードをどこかで消費してしまわなければ、ゴールに入ることはできません。
レタスを消費できるのは、「レタスマス」と「ウサギマス」の特定イベントだけです。
だから、ゴールするには、このマスに3回は止まらなければなりません。

「ハリネズミマス」は、ハリネズミの絵が描いてあります。ここには、バックしてのみ移動して入ることができます。そしてその時、1番近い「ハリネズミマス」にしか入れません。
「ハリネズミマス」に入ったプレーヤーは、すぐにバックした数の10倍のニンジンを受け取ります。

「ウサギマス」は、ウサギのえが書いてあります。ここに入ると、すぐにイベントが発生します。イベントは、順位を調べてダイスを振ります。そして、「イベント早見表」を見て、決定します。
順位が速いとマイナスのイベントがおこることが、順位が遅いとプラスのイベントがおこることが多くなっています。

あと、「ヘキセンレンネン」と同じように、1つのマスには、1人のプレーヤーのコマしか入れません。
だから、必ずそこを避けて移動する必要があります。

さて、今回の作戦は?
順番があとの方だったこともあって、後でグズグズ作戦です。
まあ、たまたまみんなが飛ばしてくれて、自分の番のときに「5位」の順位マスが1番後にあったからですね。
自分が1番後を走って(歩いて?)いますので、うしろから追い抜かれて順位がかわっちゃうということがないんですね。
うーむ。完璧な第1歩だ。

50本ニンジン補給。そして、二手目には、レタスをいきなりパクリ。
1回休みです。

でも、このあたらりで、1つ目の「ハリネズミ」マス。だから、前がけっこうつまってきます。

このゲームオモシロいです。けっこう考えているのは、自分のコマの進み方だけという感じが多いのですが、ダンゴになりやすい(うしろを走っているプレーヤーは、自然とニンジンが集まりやすい)ので、自分の行きたいマスに、人が止まっていたりすることが多いんです。
だから自然と、

「うわー。そこどいてーー。」

みたいな人同士の絡み合いが出てくるんですねぇ。

だから、人のいないところでニンジンをためて、一気にトップに躍り出るという作戦も、けっこう有効です。

わたしは、うしろの方で、最下位の「順位マス」と「ウサギマス」のイベント「ハリネズミマス」をいったり来たり。

「ウサギマス」で、すぐにサイコロを振っておりました。悪いイベントの確率は、「1」の目の1回休みだけ。1/6です。
なのに、その1回休みが、ゲーム中に3回ぐらい出ていた気が……。

そして、ゴール近くまで一気に飛んだのですが、今度は、ニンジンが多すぎる。

なんとこのゲーム、ニンジンが多すぎてもゴールできません。ゴールしたときに、ニンジンの数が、1位で10本以内。2位で20本以内。3位で30本以内……に整理しなければならないのです。

でも、最後の方のマスは、「順位マス」、「ニンジンマス」、「ウサギマス」と、およそニンジンが減るようなマスがないのです。
本当なら、「ニンジンマス」で「とどまって」ニンジンを整理すればいいわけですが、そのルールを間違っていたために、どこに移動しても、ニンジンが余っちゃうわけです。

そんなわたしをしり目に、後からきた人たちが、ドンドンゴールしていきます。

「ハリネズミマス」までバック。さらに「ハリネズミマス」までバック。
(↑ これが、出来るかどうかも、ゲーム中ちょっと話題になりました。今回は、これが出来ないとゴール出来なかったので、やっていますが、正式にはどうなんでしょう?)

そして、一気にゴールへ。
ということで、3位か、4位ぐらいでやっとゴールできました。

一緒に遊んでいた方が一言。

「なんか、2、3回ぐらいゴールできるほど走ってなかったか?」

ソニック、速いけど、コーナーとか弱いんです。
あくまで、ソニックと言い張るか(笑)

最後の方は、緻密な計算が必要ですねぇ。
今度は、ちゃんとしたルールでやってみたいと思いますので、また、遊んでください。

「うつぼ」にも良さそうなゲームです。