託児日記 その4 カードはいろいろ、難しい?

おなじはど~れ

さて、あと3歳の子にできそうなゲームは……「おなじはど~れ」かな。
でも、多分、大人と競争ってのは無理だろうなぁ。

それから、多分、途中で飽きちゃうだろうなぁ。

まあ、とりあえずやってみましょうということで。

「2枚のカードから、まったく同じのか1つだけあるから同じのをさがします」

と言って、カードをめくります。

「わかるかな?」

「うーん、車と車がいっしょ」

「えーと、この車とこっちの車、色がちがうでしょう。色もまったく同じのをさがすんだよー」

「うーん。アヒルとアヒル」

「かしこい。正解」

最初は、ちょっとわからなかったみたいですが、1つ見つけるとルールは理解しました。ただし、やっぱり見つけるには、かなりの時間かかりますねぇ。

「では、次の問題です。ジャジャーン」

「おばちゃんわかった。ヒントは、頭にかぶるものやで」

「ブブー。よく見てください、この帽子は、色が逆です」

大人でも、はじめはこういう間違いします。

「おっちゃんからのヒントは、水の中にいます」

「わかったー。さかなやー」

という感じで、5枚ぐらいまで、集中して遊んでいました。
5枚目、おわって3歳の子の一言。

「ふー。もう、つかれたわ」

きみ、この3人ののなかで、1番年寄りみたいやでーー。