4月うつぼゲーム会 その3 定番ゲームを増やそう作戦

ヒューゴ

「ミッドナイトパーティ」ではなくって、「ヒューゴ」とかいてあるのは、めずらしく「ヒューゴ」のルールで遊んだからです。
小さい子には、こっちの「自分のコマを動かす」というルールの方がわかりやすいと思います。

「ミッドナイトパーティ」ルールだと、ときどき、大人でも自分のコマの色を忘れていたり、間違えていたりすることがありますからね。

やっぱり、オバケのヒューゴくんは、初心者からベテランまで、幅広い人気です。
この日だけで、いろいろなグループで6回ぐらいも遊ばれておりました。

ガイスター

これも、定番のオバケゲームです。
いつも、何回かは遊ばれています。わたしも大好きなゲームです。
でも、他の定番ゲームとくらべると遊ばれていないような気もします。

やっぱり2人用の対戦ゲームというところが、ネックなのかなぁと思います。
手軽なので、こんど何人か集めて、トーナメント戦とか仕掛けてみよう。
やっているところを後からみるのも、けっこう楽しいゲームです。

今回は、小学1年生の子と「ガイスター」を遊びました。
これぐらいの子は、ゲームにけっこう慣れた子でも、前にコマがあるととってしまいますねぇ。
でも、ポーカーフェイスは、出来るんですよ。
きっと、家の人が見たら、

「動揺してる」

とかわかるんだと思いますが、月に1回遊んでいるぐらいでは、わかりません。

わたしは、イジワルなので、「前衛すべて悪いオバケ」作戦です。
最初のうちは、パクパク食べていってくれます。

で、ためらいが出てきたころに、よいオバケを脱出口まで進めました。
うーむ。子ども相手には完璧な作戦だ。
はっ。遊ばれない理由は、わたしのこの作戦のせいですか?

このゲーム、同じ人と2回ぐらいすると、さらにおもしろさが出てくると思います。
1回だけだと、もったいないなぁ。

ノイ

これは、ちよっとシンプルなパッケージで損している感じがする<b>「ノイ」</b>です。
でも、これもメチャクチャよくできたゲームだと、今回、プレーして感じました。

今回、大人3人とこども4人の計7人でプレーしました。

プレーヤーは最初3枚のチップを持っていて、負けるたびにこのチップを1枚ずつ捨てていかなければなりません。
そして、3枚チップがなくなったプレーヤーが出た時点で、ゲームセットになります。

今回、よくできているなぁと感じたのは、この3枚のチップの部分でした。

2回連続でパタパタと負けてしまうことは、あるんですねぇ。でも、不思議なことに3回連続ということはほとんどない。
しかも、やっているうちに、けっこう均等に減っていくので、わたしは、すごくビックリしました。

「ショット」など、攻撃を集中させるカードあるために、チップをいっぱい持っている人を集中攻撃しやすくなっているということもあると思います。

短時間で楽しむのなら、同じ雰囲気をもった「ダイナマイト」もいいのですが、時間を使って遊ぶなら断然「ノイ」の方が、だれにくい感じです。
(そして、大人が人間の尊厳を賭けて戦うなら「モレール」とか)

上手下手はあると思うのですが、大人でもけっこうみんなから攻められるとチップが減っていきます。
それも、2連続で減っていって、やっぱり3連続にならない。

なかなか、絶妙なバランスのゲームでした。

これからは、もっと「うつぼゲーム会」でも、広めてみようと思いました。