遊んで育つ その1

春休み。
うつぼゲーム会のイベントで「伝統あそび」をいろいろと教えてもらいました。
たくさん教えていただいたのですが、例えば「ことしのぼたん」というような遊びです。

♪ことしのぼたんは よいぼたん
 おみみをからげて すっぽんぽん
 もひとつおまけに すっぽんぽん

輪になって遊んでいる子どもたちのところに、オニの子どもがやってきます。

オニ   まぜて
こども  いや
オニ   どうして
こども  どうしても
オニ   うみにつれていってあげるから
こども  うみぼうずがでるから いや
オニ   やまにつれていってあげるから
こども  やまぼうずがでるから いや
オニ   じゃこんどうちのまえをとおったら、てんびんぼうでぶつよ
こども  じゃ いれてあげる

子どもたちは、オニの子を入れてまた輪になって遊びはじめます。

♪ことしのぼたんは よいぼたん
 おみみをからげて すっぽんぽん
 もひとつおまけに すっぽんぽん

オニ   あたし かえる
こども  どうして
オニ   おひるだから
こども  おひるの おかずは なあに
オニ   へびとかえる
こども  いきてるの?しんでるの?
オニ   いきてるの
こども  じゃあ さようなら  

オニの子は、輪から離れていきます。

こども  だれかさんの うしろに へびがいる 
オニ   わたし?
こども  ちがうよ

これを2回ぐらい繰り返したあと、

こども  だれかさんの うしろに へびがいる 
オニ   わたし?
こども  そう

「そう」の声で、オニの子は、みんなを追いかけます。みんなは、逃げます。オニに捕まった子が、次のオニになります。

こんな遊びです。
わたしと同じぐらいの年齢の方に聞いてみると、こんな遊び知らないと言っておられました。でも、わたしは、かすかに遊んだ記憶があります。

すごい遊びです。まず、遊びの部分は、はっきりいって最後のオニごっこの部分だけです。あとのそこにいたるまで、延々とお芝居をしている。
そして、そのお芝居の内容が、またすごい。
「まぜて」と言っているに「いや」って答えているんですねぇ。
そうすると、今度は、「うみにつれてってあげるから」とか、物量攻撃でくるわけです。それでも、「いや」って言われる。
最後は、「じゃこんどうちのまえをとおったら、てんびんぼうでぶつわよ」。暴力できたかい!みたいな。
わたしも、遊んだことあると書きましたが、このセリフを言った記憶はないです。地方によって伝わっている言葉は違うようですので、こう言ってなかったのかもしれませんし、意味もわからずに言っていたので、記憶にないだけかもしれません。

なんか、イジメのようなニオイもします。問題あるように感じます。
でも、この遊びのなかに、実はすごい大切なものが内包されているように感じたのでした。
さて、その大切なものとは?それは、次回に書いていきます。