スプリング・フェスティバル その2 お客様集まる

ソロ

うーんと考えてる様子のときは脈ありなので、具体的なゲームを紹介します。
出してきたのは、「ソロ」。ちょっと激しいウノによく似たカードゲームです。
2人よりたくさんでしたほうがおもしろいだろうということで、スタッフの人も何人か混ざってもらってプレイ開始です。

ウノにはないカード交換系の特殊カードが入っていることと、手番の人が出したカードと同じカードが手札にあれば順番を抜かして自分のカードを出すことができるというところが、ウノとの大きな違いです。
でも今回は、はじめてということで、「順番抜かしルール」の方はなしということでプレーしました。
やること限られているゲームで、初対面の相手同士でも気兼ねなく楽しめます。
「ドロー2」とか、「ドロー4」なんかを出すときに、

「オリャー」

とか、

「イケー」

とか、

「ゴメンナー」

などなどと、気合いを入れるのは、お約束。
非常に数は少ないのですが、「1人と手札交換」カードを出すときは、ちゃんとしゃべらなければなりません。
引っ込み思案でも自然にゲームに入っていける、ルールもウノを知っていればそれほどとまどうことがなく簡単。なかなかよいゲームです。

子どもが多くて、「順番抜かし」ルールを入れると、なかなかシビアな息つく暇のないゲームになります。でも、今回は一緒に遊んだ子の雰囲気にあったほのぼのとしたゲームになりました。

「ソロ」を2回戦ほどした後は、部屋の中にはかなり子どもが集まってきていました。

入り口の近くの「みつけてピカチュウしっぽでバンバン」の周りには、幼児から小学生低学年、その保護者たちの小さな人だかりが。